すべての分野でベストを目指す方々をサポートします

株式会社BESTS 代表取締役 佐藤浩の想い

陸上界をもっと明るく盛り上げたい!そして、より多くの人に自己ベストを更新し続けていってほしいー

そんな思いから生まれた株式会社BESTS。その思いに至るには、様々な出来事がありました。

 

「原点は陸上競技」

 

代表は三重県四日市生まれ。陸上競技にやりがいを感じ近畿大学陸上競技部に進みましたが、そこで待っていたのは「伸び悩み」と「挫折」。

度重なる腰痛に苦しみ、大した結果を出すこともできず大学を卒業しましたが、陸上競技への情熱を捨てきれず四日市大学の職員となりました。一期生しかいない新しい大学の学生たちに声をかけ陸上競技部をつくり指導者の第一歩を踏み出しました。 自分自身が苦しんだ分、選手が伸びて明るく陸上競技を楽しめるようにと地道に活動を続け、地元三重県の大学で初めて「全日本大学駅伝」出場することができました。

その後、のじぎく国体スペシャルアドバイザーである長谷川一彌氏(学研新書「なぜ若者は優先順位がつけられないのか?」著者)から「人間のメカニズムを知ることで簡単に選手の力を伸ばせる」ことを学びました。

その結果、四日市大学は東海地区代表として「全日本大学駅伝9年連続出場」を果たしました。

 

「ビジネスに活きる能力開発ー講演家・研修講師として」

 

この簡単に能力を高めるコツをもっと広めたい。

そんな決意をもとに、代表は近畿大学駅伝部監督を務めながら講演家へと転身します。

さまざまな知恵やノウハウを伝えるため日本全国を駆けまわる日々を送るなか、依頼を受けたのが、「MHPS」の技能五輪の出場選手への研修でした。

これまで学んできた知恵を伝えたところ、選手たちの努力とあいまって、事業所としては初の金メダルを獲得。選手の成長は著しいものがありました。

 

「そして原点の駅伝・マラソンへ」

 

これがきっかけで、2016年3月には「MHPS(現三菱重工)マラソン部」から指導依頼を受け、長谷川一彌氏と二人三脚で指導のため数回長崎に出向きました。

するとMHPSマラソン部は、初の九州実業団駅伝で優勝。全国ニューイヤー駅伝は初の4位入賞を果たしました。2017年11月も九州大会では連覇を成し遂げ、ニューイヤー駅伝8でも位入賞。さらに、同所属の井上選手が世界陸上日本代表入り。井上選手は、その後2018年アジア大会男子マラソンで優勝をしています。

そのご縁から「元祖山の神」今井正人選手のメンタル面を中心としたパーソナル指導も行いました。

現在も、実業団選手のメンタル指導を継続的に実施しています。

 

一般ランナーからトップアスリートまで、自己ベストを達成する共通の考え方はあるのです。

この自分を高める方法をより多くの方々が実践し、よろこびを感じてほしい…。

そんな思いから『株式会社BESTS』は誕生しました。

 

会社名のBESTSは、Business Education Sports Together Support の略。

トップ指導者・専門家たちの力を結集し、陸上競技に限らず、ビジネスでも教育でも他のスポーツでも、すべての分野でベストをめざす方々をサポートします。